宮根治療院

安心できる国家資格を持つ鍼灸・指圧マッサージ

宝永山散策

6/16(土)、宝永山散策に行ってきました。

天気予報は雨のち曇り、山は多分雨だろうという大方の予想を裏切り
富士宮口五号目は雨雲の上で日が射していました。

よって幸運にも登山決行となりました。

登れはしたのですが殆ど霧か雲で視界不良、時折晴れて山頂が見えるくらいでした。
ただ晴れた瞬間は圧巻の大迫力で、雲に隠れてしまうまでの間、暫く見とれていました。

宝永山火口縁を歩いていた際には付近で地滑りがあり、物凄い音がしていました。
霧で全く見えなかったので残念でしたが巻き込まれれば間違いなくあの世行きの音でした(汗)。

足場は殆どが砂礫で3歩あるいて2歩下がる、
そして自重で沈む(泣)のでなかなか進みませんでした。
宮根の半分位の女性は靴底程度しか沈まないのに対し、
宮根は足首まで沈む始末。

空気の薄さと自重に大いに苦しみ、体重管理の大切さを痛感、
同時に富士山頂に対しての興味をすっかり失ってしまいました(笑)。
今度はもう少し体を絞って、天気の良い日に行ってみたいです。

宝永山散策

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です